稽古場日誌

methods&過妄女 倉品 淳子 2019/05/28

恋とメンヘラとかもめ

一応、私にも若い頃があった。 若い頃は恋愛体質で、一人でいると寂しくて朝方5時ごろに、好きな男性に電話かけたりして、迷惑極まりない女だった。 当たり前だがそんな痛い女に付き合ってくれる男性は少なかった。 私は福岡で有名な...

methods&過妄女 安部 みはる 2019/05/23

「潜在意識で恋、してる?」※ブルゾンちえみ風に読んでください。

チェーホフ作『かもめ』、登場人物はほとんど片思いの恋をしている。なので、今回の日誌のテーマは「恋」。 まったくモテないわたしにもどうしてもカレシがほしい時期があった。当時は、カレシがいないのは見た目の可愛さとか、性格の...

methods&過妄女 喜多 京香 2019/05/21

歴史の大家族

私は、1996年2月7日に、宮崎県で生まれた。それから6日後、近所でも女の子が生まれた。その子とは、生まれて間もない頃からよく一緒に遊んだ。その子の家は大家族で、遊びに行くといつもリビングはおもちゃやよくわからない書類でとっ...

methods&過妄女 名越 未央 2019/05/20

『methods』のススメ

子どもの頃、勉強は得意だったが、作文だけは大嫌いだった。自分の考えていることを他人に知られるなんて恥ずかしすぎる。いったい何のために作文なんてあるんだろう? もしや先生の嫌がらせ? 私が何を感じるかなんて関係ない、正...

methods&過妄女 川村 岳 2019/05/18

あの頃のオレ

ちょっと恥ずかしい話。学生の頃、同時に2人の女性を好きになったことがある。 おおざっぱに言うと1人は色気があり男心をくすぐる魔性の女タイプ、もう1人は大らかで母性に溢れた聖女タイプだった。2人とは仲が良かった。会話をしてい...

methods&過妄女 高島 領也 2019/05/17

迷惑な恋愛事情

『かもめ』ではいくつもの恋愛が入り乱れている。登場人物たちは皆、「あの子と結婚したい」「あの人を自分の物にしたい」「あの子に振り向いて欲しい」といつも考えながら行動している。みんな恋にお熱なのだ。 ところが、僕は自分の...

methods&過妄女 斉木 和洋 2019/05/15

ファーストキス

恋話。なんて。恥ずかしくって書きたくないし。いろいろと思い出すこともあったが、ここには書けないし。ファーストキスの話をします。誰の害にもならないしね。 相手はあいき君という男の子でした。小学校の裏にタイヤをいくつかくっ...

methods&過妄女 谷 洋介 2019/05/14

相も変わらず

今までに一度だけ、女性を待ち伏せしたことがある。その女性は、僕が中学生のときに教育実習でやってきた先生だ。 永作博美似のとにかくきれいでかわいらしい先生だった。仲良くなり、先生の自宅は自分の家の近くだったことがわかった...

methods&過妄女 越谷 真美 2019/05/12

価値ある舞台

アレッサンドラ・フェリが踊る『ロミオとジュリエット』が昔から大好きで、女子校育ちだった私は、恋といえば、フェリのジュリエットをイメージするようなヲトメでありました。 参考までに → https://youtu.be/KS10pzxE4eQ 動画は引退...

methods&過妄女 武藤 知佳 2019/05/11

身体を紐解く

私は山の手事情社に入団して、5年目に入ります。以前は週5日、事務の仕事をしていました。学生の時には、かっこよく動ける人に憧れていましたが、ダンスなどは大の苦手。中学3年生の時の通知表は体育が2でした。 そんな身体について考...