稽古場日誌

研修生

ワークショップ研修生 谷 洋介 2017/04/23

2017年度の講師を務めます。

2017年度の「俳優になるための年間ワークショップ」を担当させていただく、谷 洋介と申します。 僕はとにかく、この「俳優になるための年間ワークショップ」で“自信を持って表現できる俳優”を一年かけて育てたい、と思っています。僕...

ワークショップ研修生 水寄 真弓 2017/04/11

2017年度の講師を務めます。

こんにちは。山の手事情社の俳優・水寄真弓です。2017年度「俳優になるための年間ワークショップ」(以下研修生と呼びます)講師を務めることとなりました。 山の手事情社は、1984年に早稲田大学演劇研究会内に発足されました。早大劇...

研修生研修生(体験談) 鹿沼 玲奈 2017/04/08

年間ワークショップ参加者の体験談/鹿沼玲奈

私はもともとミュージカルの劇団に所属していました。ミュージカルの俳優になることを夢見て地方から上京してきたので、その願いが叶い、プロとしてお金をもらう日常を送れることに幸せを感じていましたし、誰でも叶えられるわけでは...

研修生研修生(体験談) 松永 明子 2017/03/16

年間ワークショップ参加者の体験談/松永明子

山の手事情社の年間ワークショッププログラムは懐が広い。自分がどれだけやれるのか、自分がどれだけ変貌できるのか、それを試すために努力する者にはとても優しい。 自分が研修生だった頃のことを思い返すと、特に修了公演間近の時期...

研修生 研修生 2016/06/10

自分なんか大嫌い/志田明日香

初めまして。現役大学生の志田明日香です。 山の手事情社と出会ったのは、去年のサマースクールでした。劇団員の方に「ここの年間ワークショップを受ければ、将来どこの劇団でもやっていける基礎が身につくよ」という誘い文句に単純に...

研修生 研修生 2016/06/09

ネガティブ人間の決意/榎本倫子

はじめまして。今年度研修生の、榎本倫子と申します。 4年間山の手事情社に憧れていた、元会社員の26歳です。なぜこのタイミングで?というのはよく聞かれます。残念ながら、バシッと答えられません。なんだか聞かれる度に違うことを...

研修生 研修生 2016/06/08

100パーセントを探して/喜多京香

こんにちは。今年度研修生になりました、喜多京香と申します。芝居はほとんど未経験であり、稽古に怯えるような日々が続いておりますが、構わず前進していきます。どうぞよろしくお願いいたします。 私は13年間ずっと、ジャズダンスを...

研修生 研修生 2016/06/06

未知への渇望/柏原有里

はじめまして。今年度、山の手事情社の研修生となりました柏原有里です。一年間よろしくお願いします。実を言いますと、演劇の「え」の字も知らない、俳優の「は」の字さえも思いつかない…後先もわからぬまま飛び込んでしまい、今に至...

研修生 研修生 2016/06/07

生きろ! 若人!/高島領也

今年度研修生となりました高島領也と申します。 『生きる』1952年に公開された黒澤明監督の作品です。かつて、この作品を観た僕は強い感銘を受けました。「僕も生きなくては」そのように焦り始めたのはその頃からです。今でも焦ってい...

研修生 研修生 2016/06/05

こうやって回ってくるんだ、この原稿/倉橋 建

初めまして。今年度、山の手事情社研修生と相成りました倉橋 建と申します。クラハシタケルと読みます。どうぞよろしくお願いします。 さて冒頭の一文。この筆を執るに至った経緯なわけですが。 「テーマ、研修生になっての意気込み。...