稽古場日誌

傾城反魂香 研修生 2017/10/11

6人の同期

研修生3年目の田中零大です。 1年目、2年目で同じ研修生だった同期が6人、劇団員になりました。 『傾城反魂香』の稽古を見学している際、同期の劇団員との間に壁を感じました。 1年目、2年目に講師をして下さった先輩劇団員と僕の同期...

傾城反魂香 研修生 2017/10/10

騙されるスリル

研修生2年目の喜多京香です。ただいま『傾城反魂香』稽古見学中です。日々、刺激的な稽古に心躍らされています。 私は最近、しょっちゅう人に騙されています。マルチ商法に引っかかりました。友達の女の子を妊娠させてしまったと嘘を...

傾城反魂香 研修生 2017/10/10

答え合わせ

こんにちは。研修生の榎本倫子です。本番に向けて劇団全体の熱が高まっていく中、研修生も、稽古の見学をさせていただいております。 今回上演する『傾城反魂香』。初めて台本を読んだときは、共感できる人物がほぼいなかった。ほとん...

傾城反魂香 研修生 2017/10/09

ゾーンに入る

初めまして。研修生1年目の遠藤瑞季と申します。僭越ながら稽古場日誌を書かせていただきます。 中学2年生の夏、不思議な体験をしました。その日は当時僕が所属していたバドミントン部の大会の日でした。僕は、優勝には手が届きません...

傾城反魂香 研修生 2017/10/08

一途な女性はお好きですか

本日通し稽古を初めて拝見した。台本を読んであらすじを追っていたときは、八方美人な元信や一途すぎるみやにイライラしていたが、実際の作品を観ると印象がガラリと変わる。みやのいじらしさ、元信とみやが想いあっているのが伝わっ...

班女 研修生 2017/06/12

山の手事情社の脅威

この度吉雄役をやらせていただきます、研修生の田中零大です。僕は服が好きでよく買って、おしゃれかどうかかなり気にしていました。こだわりなんかもありまして、長袖の服は絶対腕まくりするとかジーパンは履かない、とか…でも、時間...

Anniversary 研修生 2017/03/20

決別と記念日

初めてのバイトは、高校3年生の春。和食料理屋のフロアだった。ご案内と、済んだ食事の下げ物を一番最初に教わった。この下げ物。これがそれまでの私の価値観を変えた気がする。ゴミ箱の中へ飲み込まれて行く大量の食べ物たち。綺麗に...

Anniversary 研修生 2017/03/19

踏ん張る記念日

「気づく」ということは本当に難しいことだと思う。ものによっては、苦しいし、逃げたくもなる。 私は長年、ダンスを続けているが、踊っている最中に限って、身体を大切にしていなかったことに最近気づいた。与えられた形をそのままこ...

Anniversary 研修生 2017/03/18

記念日とドーナツ

ぽっかりと穴があいて、そこでは何かが疼いている。私たちの多くは、そんなことにも気づかずに、とぼとぼとそこらを歩いているのかもしれない。 わたしにとっての「記念日」、それは、自分が誰なのかわからなくなる瞬間である。実感す...

Anniversary 研修生 2017/03/17

ニヤニヤ

付き合った記念日に、恋人たちは何をするのか。ご馳走を食べるとか、プレゼントするとか、私にはどうもピンとこない。 大体の記念日は、覚えているからこそ意味があるのだと私は思う。覚えられないなら、結婚記念日も誕生日もいらない...