稽古場日誌

倉品 淳子

methods&過妄女 倉品 淳子 2019/05/28

恋とメンヘラとかもめ

一応、私にも若い頃があった。 若い頃は恋愛体質で、一人でいると寂しくて朝方5時ごろに、好きな男性に電話かけたりして、迷惑極まりない女だった。 当たり前だがそんな痛い女に付き合ってくれる男性は少なかった。 私は福岡で有名な...

あたしのおうち 倉品 淳子 2019/02/02

昔があって今があるってわけじゃないです。

ご存じのように、山の手事情社は今年35周年である。第一回目の研修生は、1996年というから、研修生というシステムを開始してから、23年が経過している。そのうち私が担当した研修生は、この1996年、2001年、そして2013年の3回だけだと...

うリアしまたろ王 倉品 淳子 2018/09/22

16日現在

今回稽古場日誌は「稽古場ではこんな事が行われている! 」をテーマにレポート形式でお送りします。創作作業が行われている現場の様子をお楽しみ下さい! ****** 朝のミーティングで、安田から今回の見どころについての話がある...

外部活動 倉品 淳子 2018/07/28

古典ジャナ~イ。翻訳ジャナ~イ。ヨソジノオンナタチ

現代劇で、台詞劇で、しかも当て書きという、今まではどちらかというと避けてきた形態。本当に面白い体験でした! まず、共演者、作・演出家、みなさんほとんど初対面の方々ばかり。今回書き下ろしということで、作者の釘本光さんはな...

テンペスト(2018年) 倉品 淳子 2018/05/25

メイクに関する徒然

 海外公演に限ったことではないのですが、劇団員は公演ごとに俳優とは別の役割を言い渡されます。例えば、点呼係、ケータリング係、小道具係などです。 今回のヨーロッパツアーで、私、倉品はメイク係を担当しました。プランから道...

テンペスト(2018年) 倉品 淳子 2018/03/14

ヨーロッパツアーですって!

山の手事情社としての海外公演は、5年ぶりのこと。2009年から2013年までは毎年のように行っていたので、なんだか久しぶりに感じます。なぜわざわざ海外で公演をするのでしょう?ハクをつけるため? まあ、多少は役立つかもね。ついで...

ぺとりこおる 倉品 淳子 2018/02/02

忘れる! 忘れる! 忘れる!!

 現在、研修プログラム修了公演『ぺとりこおる』に向けて絶賛稽古中です。公演のテーマは「熱中したこと」「忘れていたこと」です。どんな作品になるのか、ご期待下さい。 ********** いやあ、忘れます。最近、大事なことも、そうでな...

傾城反魂香 倉品 淳子 2017/10/07

山の手は、なぜ、難しいと言われてしまうのか?

私が思うに、テレビドラマと、私たちのやっている舞台表現の最大の違いは、観る側に想像力を要するかどうか、だと思います。 《四畳半》では、具体的な舞台装置や小道具などは使わず、俳優の最小限の記号的な所作だけですべてを表現す...

Anniversary 倉品 淳子 2017/03/14

表現者たち

先日、といっても、もうだいぶ前の事ですが、研修生修了公演の稽古を見学に行きました。この日は、初めての通しということで、研修生担当の浦さんも研修生も緊張の面持ち……。山の手事情社の修了公演は例年、劇団員がその演出を担当す...

外部活動 倉品 淳子 2017/03/05

「BUNNA」奈良・福岡公演を終えて

3年前から福岡で取り組んでいるこの作品は、2015年に福岡で初演、2016年に横浜、大阪公演。それが波紋を呼び、2017年2月5日奈良公演。2月16日の凱旋福岡公演までこぎつけることができました。一つの作品を長くつきあうという経験は現...