発表会、無事に終わりました!
今回は六月から月三回のペースで集まり、コツコツとネタを出してきました。最後の土日は連続して稽古し、皆さんの演劇的な感覚もどんどん敏感になっていくのがわかりました。去年からおなじような形式で発表会を行いましたので、思い切って演出もこだわりました。最後の《ルパム》を前日に構成するなど、かなりの過密スケジュールでしたが、皆さんの熱意で素晴らしいものに仕上がりました。

演劇は、どれだけその場でリアリティを持って存在出来るかが勝負だと思います。経験があるなしに関わらず、演じる側が舞台上で実際に感情が動けば、その状態を見るだけで十分面白い。その点社会人ワークショップの発表会は、台本を使わず皆さんの日常からアイデアを見つけて作り上げるため、演じる側の感情が動きやすくなります。よって、非常にリアリティがあり説得力があります。今回、どの参加者もそういった瞬間がありました。中には切ない内容に、思わず涙してしまう作品も。これも参加者一人一人が、自分をさらけ出してアイデアを出したお陰です。他にも、「思うように出来なかった!」と悔しがる方もいて、それぞれがこれからの課題を見つけられたようでした。

さて、来月からは後半コースが始まります。ほぼ皆さん、引き続き参加されるようです。今度はもう少し技術的な事を皆でやってみる予定です。


三井穂高