公演情報

[2019年]ETXRA企画 ほうろう社プロジェクト『三人姉妹』

構成・演出=小笠原くみこ/監修=安田雅弘
原作=アントン・チェーホフ
日程=2019年2月16日(土)~17日(日)
会場=絵空箱

なぜこの仕事を選んだのか、なぜこの人と夫婦になったのか、なぜここに住んでいるのか。誰しもが抱える現状への不満が、何を糧に生きているのか、生きて行くのかという不安に繋がって、足元が揺らぐような怖さを覚える、ロシアの作家が100年以上も前に書いた戯曲です。物語の中の登場人物たちは、不満や不安の解消を“モスクワ”に求めています。今回の作品の出演者も、同じように不満と不安を抱え、“モスクワ”を求めてこのプロジェクトに参加したと思え、「三人姉妹」の世界と重なって見えるのです。
(構成・演出 小笠原くみこ)

■「三人姉妹」あらすじ
ロシアの片田舎に、オーリガ、マーシャ、イリーナの三姉妹と、長男のアンドレイが暮らしている。姉妹たちは退屈な生活を憂いて、かつて暮らしたモスクワへ戻ることを夢見ていた。一家の軍人だった父親が亡くなって一年後。町に駐屯する軍人たちが訪れる。次女マーシャは中学教師クルイギンに嫁いでいたが、モスクワから赴任してきたヴェルシーニンと恋に落ちる。アンドレイは姉妹の期待に沿えず、妻のナターシャの尻に敷かれている。三女のイリーナはトゥーゼンバフと結婚することを決断する。やがて軍人たちが町を去る日がやってくる。

■ほうろう社プロジェクトとは…
劇団山の手事情社では、2010年から2015年まで、30歳以上の社会人を対象にした演劇ワークショップを8回実施。さらに踏み込んだ演劇との関わり方を模索するため、3年かけて公演をおこなうプロジェクトを発足。仮に「社会人新プロジェクト」と命名。メンバーは前出のワークショップ常連参加者で、普段はゴクゴク一般的な社会生活を送っている。だが、社会生活に少し息苦しさを感じて放浪した結果、このプロジェクトへ参加。というのがプロジェクト名の由来。

演出ノート

構成・演出

小笠原 くみこ

監修

安田 雅弘

キャスト

秋山 敏佑樹
荒井 まゆ
栗原 正幸
鈴木 多美子
段上 勝仁
チエ
辻 和美
宮島 紘子

■公演スケジュール(2019年)

  2/16(土) 2/17(日)
13時  
14時  
17時  
18時  

※ 受付・開場は開演の30分前

■料金

全席自由・日時指定・1ドリンク付き 

前売 2,000円
当日 2,200円

※ この度の公演は、飲食店も兼ねる会場になりますので、お一人様1ドリンク付きになります。  (上記料金に含む)
※ ドリンクは開演前にお渡しします。終演後も可能ですが、お時間に制約があります。

■予約開始

2019年1月10日(木)11:00より

■予約受付

山の手事情社オフィス

予約フォーム[カルテット・オンライン] 
電話 03-6410-9056
メール shimai@yamanote-j.org

お名前、電話番号、希望日時、人数をお知らせください。
メールもしくは予約フォームでのご予約の場合は、こちらからの返信をもちまして予約完了となります。
チケットは発行いたしません。当日会場で料金をお支払いください。

■会場

絵空箱

東京都新宿区山吹町361 誠志堂ビル1階
(有楽町線「江戸川橋」駅 徒歩2分/東西線「神楽坂」駅 徒歩9分)

お問い合わせ

山の手事情社オフィス
〒146-0082 東京都大田区池上4-2-8
TEL 03-6410-9056
info@yamanote-j.org

製作
有限会社アップタウンプロダクション・劇団山の手事情社
Share Button