図:俳優になるための年間ワークショップ 年間スケジュール

俳優になるための年間ワークショップとは

劇団 山の手事情社では新たな人材発掘と俳優の能力向上を目的として、
1996年から俳優養成プログラムを開始しました。
私たちは俳優に必要なこととして、技術だけでなく、
自分自身を知ること、他者の考えを受け止め、同時に自分の思いや考えを伝えること、
ドラマにかかわる感性を磨くこと、演劇に関連する知識を持つことが
重要であると考えています。

そのために、独自の稽古方法《山の手メソッド》を体験し、公演のスタッフや出演者として
関わっていただくのが有効であると思っています。
一年間で、舞台に立つ心構えや、舞台の魅力と厳しさを身をもって知っていただき、
修了公演を経て、プロの俳優としてのスタートラインに立てるよう指導していくプログラムです。

プロの俳優になるための能力とは

図:山の手事情社が考える「俳優に必要な能力」

山の手事情社が考える「俳優に必要な能力」。
これらを具体的に伸ばすために「山の手メソッド」を用いて研修を行っていきます。
「山の手メソッド」は、山の手事情社が独自に開発・アレンジした俳優のトレーニング方法で、
日本各地で実践的なワークショップを開催しています。

それでは、実際にどのような研修を行うのかをご説明します