稽古場日誌

仮名手本忠臣蔵 2018/12/13

『忠臣蔵』討ち入り瓦版 19 〜きづさんは、〜

きづさんは、気づかいができます。きづさんは、真面目です。きづさんは、器用です。きづさんは、髪型が変わりません。きづさんは…… 「古見さんは、コミュ症です。」という漫画があるのですが、そのタイトル風に紹介し始めてしまいまし...

仮名手本忠臣蔵 2018/12/07

『忠臣蔵』討ち入り瓦版 18 〜黒船の衝撃〜

気がつけば、12月……!なるほど、クリスマス臭がするわけだ。 ガッツリ仕事中と、寝る前の小一時間以外は『忠臣蔵』の事しか考えられないのに、遅々として仕事は進まず……。なのに、仮舞台が建てられてビックリするわけだ。 急ピッチで...

仮名手本忠臣蔵 2018/11/20

『忠臣蔵』討ち入り瓦版 17 〜例えば、生卵〜

冬の香りがしてきましたね。大好きな季節です。相反して、孤独を感じる季節(涙)。そんな自分を俯瞰するのも、これまた一興。 土日のみだった稽古も、平日の夜にもシーン稽古が増え、いよいよ演出サイドの我々は心配で心配でなりませ...

うリアしまたろ王 2018/11/20

ご支援の御礼

 千穐楽より、はやひと月が経過しようとしております。 公演後の残務処理に追われ、すっかりご連絡が遅くなってしまいました。申し訳ございません。 先日はお忙しい中、当劇団公演『うリアしまたろ王』にお運びくださり、また公演...

仮名手本忠臣蔵 2018/11/15

『忠臣蔵』討ち入り瓦版 16 〜あなたの歴史〜

復讐してやる。誰かに対して、感銘を受けた事。 出演者だけでなく、日々を過ごす、今。参加者の皆様のみならず、全ての方々に歴史があります。幾度も言ってきましたが、芝居に繋がる素材は、すでに皆様の中にあるのです。 今回のご紹...

仮名手本忠臣蔵 2018/10/31

『忠臣蔵』討ち入り瓦版 15 〜頼もしき、パねぇ達〜

以前の瓦版で、劇団山の手事情社の作品作りには《研究発表》という大イベントがある事を書いています。この《研究発表》という課題を通して、作品の裏側や奥行きを共有する訳ですが、今公演については特に行われていませんでした。 し...

仮名手本忠臣蔵 2018/10/23

『忠臣蔵』討ち入り瓦版 14 〜半分、太い。〜

去年一年で、15kgという肉を増やしてしまった私ですが、演劇の現場が増えると痩せゆきます。他のダイエットはほとんど効果がない。 これは、俳優の仕事のみの事かと思っていましたが、どうやら演劇関係全般の活動で効果が出ると判明し...

うリアしまたろ王 2018/10/22

『うリアしまたろ王』終了しました

劇団山の手事情社公演『うリアしまたろ王』連日たくさんのお客様にご来場いただき、好評裏に幕を閉じました。ありがとうございました。またこのたびは支援チケットや劇団サポート、〈応援グッズ〉のご購入など多大なご支援応援、劇団...

うリアしまたろ王 松永 明子 2018/10/20

嬉し恥ずかし衣装合わせ

俳優って衣装合わせが好きなものだと思う。 衣装はとても大事なものだ。キャラクターを批評、あるいは構成する要素のひとつであり、時には役作りを助けてくれる。俳優の相棒なのだ。その相棒との対面が衣装合わせだ。 衣装合わせの日...

うリアしまたろ王 髙坂 祥平 2018/10/19

旨味

今回稽古場日誌は「稽古場ではこんな事が行われている! 」をテーマにレポート形式でお送りします。創作作業が行われている現場の様子をお楽しみ下さい! ****** 本日、2日目です。 初めて通し稽古をした時、正直この芝居の面...