稽古場日誌

外部活動 安部 みはる 2021/10/23

えずこシアター『宇宙船艦エズコ』 リポート

8/28(土)・29(日)、宮城県大河原町にあるえずこホールにて、『宇宙船艦エズコ』が上演されました。公演直前の緊急事態宣言発令により、対面での上演ができるのか危ぶまれましたが関係者全員の努力によりお客様になまのお芝居をお届け...

池上show劇場【PREMIUM】 松永 明子 2021/10/22

せめて、人間らしく?

美しい姫と、美しい青年の、美しい恋物語――それが『天守物語』への印象だった。あまりにも美しいと言われすぎて、実はこの作品を敬遠していた。この作品を形づくる感性に素直に寄り添えないでいたのだ。 そこで視点を変え、いじわるに...

池上show劇場【PREMIUM】 川村 岳 2021/10/19

生き続ける

『刺青』に出てくる登場人物は清吉と若い女の二人のみである。物語は主に清吉目線で進んでいく。清吉は腕利きの彫物師であるが、彼の夢はいつか絶世の美女に会って自分の絵をその肌に打ち込むことである。その瞬間のために「生きてい...

池上show劇場【PREMIUM】 山口 笑美 2021/10/15

どんな風景を見るのか?

今まで男性の描いた作品ばかりを演ってきたので、この機会に女性の描いた作品をやりたいと思い、今回瀬戸内晴美の『鬼』を演じることにしました。 瀬戸内晴美、つまり瀬戸内寂聴さんは、テレビ等で見かけるあの朗らかな人柄からは想像...

池上show劇場【PREMIUM】 越谷 真美 2021/10/12

「骨」のない日々

つい先日、母が倒れて入院しました。 結構な重症にも関わらず、コロナ禍のため面会禁止で入院した日以来母と会えていません。倒れる前までの日常がぷっつり途切れてしまったのに、日が経つにつれ母が倒れたことがまるで現実ではなかっ...

池上show劇場【PREMIUM】 安部 みはる 2021/10/09

#織田作之助好きと出会いたい

『天衣無縫』はざっくりと説明すると、主人公の「政子」が見合いをして結婚する、ただそれだけを描いている。 これと言った重大事件は起こらない。調べても解説や感想文もほとんど出てこない。昭和初期の大阪の庶民の生活を覗き見てい...

ワークショップ学生のための演劇サマースクール 渡辺可奈子 2021/10/07

学生のための演劇サマースクール2021 リポート

コロナ禍二度目の夏。世の中が相変わらずパッとしない中、今年もこの季節がやってきました。 「学生のための演劇サマースクール2021」は大学生・専門学生・高校生と言った学生を対象にした三日間集中のワークショップで、毎年沢山の学...

池上show劇場【PREMIUM】 中川 佐織 2021/10/05

世界はどうやら美しい

『虔十公園林』は、とても綺麗なお話だ。現実では、「そんなまさか……」という出来事が、宮沢賢治という神の手によって導かれ、お話は円満な結末を迎える。何かが噛み合わなければ、虔十(けんじゅう)の杉林は後世に残らなかったであ...

池上show劇場【PREMIUM】 宮﨑 圭祐 2021/10/01

僕と私

疫病が蔓延し、経済不況が続き、行動に様々な制限がかけられていく世界で、僕は山の手事情社の新人として今、一人芝居を作っている。原作は“月が綺麗”でお馴染み夏目漱石が書いた夢の話だ。オムニバス形式の小説で、僕はその第六話目...

ワークショップ外部活動 谷 洋介 2021/09/29

宮城県高等学校演劇リーダー研修会 リポート

7/24(土)、25(日)に宮城県高等学校演劇リーダー研修会を行いました。今年はzoomによるオンラインでの開催となりました。2日間、主に午前中は基礎的なトレーニングや《発声》。午後はチームに分かれて《ルパム》の創作を行いました。他...