稽古場日誌

大久保 美智子

班女 大久保 美智子 2017/06/26

様式をめぐる冒険、ナウ

「様式」について書いてくれとリクエストを受けました。不肖ワタクシ、若輩者ですが語らせていただきます。初めて様式的な舞台を観たのは、恐らく利賀村です。鈴木忠志さん演出の「糸と幻」だったか「リア王」だったか。いずれにして...

外部活動 大久保 美智子 2017/06/21

身体の景色「焼け跡のエレクトラ」に出演して

写真:Ryo Murayama 大久保です。5月の末に「身体の景色」という劇団へ客演してまいりました。ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。応援してくださった皆さま、ありがとうございました。そしてお世話になった座組の皆さ...

班女 大久保 美智子 2017/06/02

「班女」3バージョン上演します!

大久保美智子です。この度、「班女」の演出を担当いたします。よろしくお願いいたします。いつまで続けられるか分からない演劇人生、今、やりたいことをやってしまおう! と一念発起したのが約3年前。その後内部での発表会を経て、よ...

Anniversary 大久保 美智子 2017/03/13

稽古場でのひとコマ

先日、自分の稽古を終えて下へ降りたら、2年目研修生のA沙が大泣きしていた。いつもヘラヘラしている彼女なので、ワーオどうした?  と思いつつ玄関を出ると、外でT子が挙動不審な姿でウロウロしていた。なんじゃこりゃ?  と思ってい...

オイディプス@Tokyo 大久保 美智子 2017/01/21

共感を超えて

作中「父を殺し、母と交わり子をなす」とオイディプスが授けられる神託は、ただの神話なのだろうか。現代の私たちも実は依然として強固な神託に縛られているのではないか。劇団員が自分にとっての神託を語ります。*******************...

外部活動 大久保 美智子 2016/12/24

いろいろ目にしみた

劇団江戸間十畳「煙が目にしみる」に出演してきました。公演は12月11日に無事終了しました。 畑が全く違う現場でしたので、戸惑うことばかりでした。稽古場では、参加が遅れてしまったこともあり、ひとり焦り、隅っこで膝を抱えていま...

ワークショップ外部活動 大久保 美智子 2016/10/11

LOOP⑩秋の創作ワークショップ発表会「ロミオとジュリエット」 リポート

岡山へ行ってきました。「ロミオとジュリエット」を地元の方々と作ってください、サイズは20分、稽古は3日間、最終日に発表会をやります、という無謀なオファーをいただいた。「ロミオとジュリエット」。言わずと知れたシェイクスピ...

燦燦と淡淡と研修生 大久保 美智子 2016/03/04

壮大な無駄な汗

春ですね。この季節がやってきました。年度末、山の手事情社では研修生修了公演の時期であります。 研修生の彼らは「今年一年間は山の手事情社で」と選んできたわけです。勇気ありますね。山の手事情社は演劇界でも相当レアですし。い...

タイタス・アンドロニカス/女殺油地獄 大久保 美智子 2015/11/08

本番が始まってしまいましたが

うしろに目が欲しい。 いろいろ欲しいものはありますが、今一番欲しいものです。 《四畳半》は普通のお芝居のように、リアルな距離をとらない。 いわば「絵本の挿絵」。関係や感情を、構図で見せなければならない。 パッと見て関係が...

タイタス・アンドロニカス/女殺油地獄 大久保 美智子 2015/10/08

ここ最近では

ここ最近で一番「悲劇だ」と感じたのは…今さらヅカヲタ(宝塚オタク)になってしまったことでしょうか。能や歌舞伎などの伝統芸能、商業やミュージカルもお勉強と思って観てきましたが、なぜか宝塚だけは機会が無く。「なんだか気持ち...