稽古場日誌

ワークショップ研修生研修生稽古 研修生 2020/11/18

初めまして

初めまして、2020年度研修生になりました有村友花(ありむらゆうか)です。 私が山の手事情社の研修プログラムを受けようと思ったきっかけは「一日体験入団」に参加したことでした。 私が社会人になった頃、何か趣味を見つけようと考...

ワークショップ研修生研修生稽古 研修生 2020/11/12

私の抱負

初めまして。2020年度研修生となりました楠夏野です。よろしくお願いします。まだ日は浅いものの、演劇に関わるようになってから、段々と自分の演技の仕方に疑問が生じるようになりました。 演技をして他の人間になっているはずなのに...

ワークショップ研修生研修生稽古 研修生 2020/11/07

今までとこれから。そして、ここから。

はじめまして。2020年度山の手事情社研修生の酒井千秋です。今年の3月に大学を卒業し、先月末まで社会人として仕事をする日々を送っていました。そんな私が、どうして山の手事情社の研修生となったのかの理由をここに書いて、自己紹介...

ワークショップ研修生研修生稽古 研修生 2020/11/01

ほんものの遊び場、ほんとうの遊びゴコロ

はじめまして、2020年度の研修生の紫陽子(しょうこ)です。 集中的な演劇的身体訓練の必要性を感じながら、どこから手を付けていいのかわからず迷子になっていた私の目に、「劇団山の手事情社」という文字が飛び込んできたのは、ほん...

ワークショップ研修生研修生稽古 研修生 2020/10/26

不要不急、そして、覚悟

2020年度研修生の小西ひろです。 2020年という年はコロナの影響で思いがけない年になりました。誰にとっても痛みがあったのではないかと思います。私は会社員をしながら演劇の勉強を続けていますが、幸い仕事量の減はなかったものの、...

オドラデク 研修生 2020/03/30

自分を捨てること

研修生4人、今まで絶妙な距離感を保ちながら稽古をしてきたのではないかと思う。だけどいよいよそんなことは言っていられない。もっとぶつかって行かなくてはいけない。自分にも相手にも。ぶつからないとわからないことが沢山ある。私...

オドラデク 研修生 2020/03/30

役者は壊し屋

役者は壊し屋。そんな事を考えた体験が最近あった。劇団員の前で通し稽古をやった後、僕は通しの出来に納得できず、役者をやるのは無理なのか! とずっとイライラしていた。そんな時に主宰の安田さんにネタを少し見て頂く機会があっ...

オドラデク 研修生 2020/03/29

愛すべきダサさ

「私は自分のことが嫌いだ。」という書き出しの文章をよく見る。その書き出しには共感しかねる。むしろ結構自分のことは好きだ。私は欲望に対して素直だし、好奇心のまま生きている。自分の意見を述べることも得意だし、好きな人には...

オドラデク 研修生 2020/03/29

10周年

研修生の加藤彩です。中学生の時に演劇を始めてから、今年で10周年を迎えることとなりました。もうすこし感慨深い気持ちになるかと思ったのですがそうでもなく、「そんなに何かしてたかな?」という疑問がふわふわと頭のなかを浮遊し...

オドラデク 研修生 2020/03/20

《四畳半》という表現

=========3月の本公演『桜姫東文章』は公演延期となってしまいましたが、プロの俳優の役作りや演劇が出来ていく過程を見学するのも大切な研修の一環です。研修生たちは足繁く『桜姫東文章』の稽古場に通い、俳優の苦悩を目撃...